メイン画像 width=

TPI総合研究所へようこそ!

 

「自分ではそうやっているつもりだ」 と思っているのに
周囲はそのとおりに認めてくれない…
こんなとき
「きっと相手の見方がおかしい」 、「誤解だ」 と
ご自分に都合よく解釈して、すませていませんか?

 

「誰も私のことを認めてくれない」…その原因は?

人は誰でも心の中で、「自分のことは自分が一番よく知っている」と思ってしまいがちですが、実際には、自分が周囲に対して与えている影響と、周りの反応には大なり小なりの誤差が発生しています。それがときとして、裸の王様になってしまったり、自分の可能性を広げる機会を逸したりすることになります。

問題なのは「自分ではそうやっているつもりだ」と思っていることを、周囲がそのとおりに認めてくれない場合です。このような時には、相手の見方がおかしい、誤解だなどと自分に都合よく解釈してすませてしまいがちです。

このようなとき、TPI-EMテストを分析することで、自分では気づかなかったプラス面・マイナス面を見つめて、理解することで、新たな可能性が生まれることになるでしょう。

 

TPI心理テストの結果は、あなたの心=無意識の状態を映し出します。

自分で自分のことを意識できていると思っていたとしても、それは全体の数%です。残りの90%は、知らず知らず、無意識に行っている行動となって他者に働きかけています。 自分では全く心当たりがない、理由がわからないのに、相手からすると実は・・・こんなことが起きるのもうなずけます。

TPIは、あなたの自分への問いかけ(自問自答)の一つの姿を形にするものだと思ってください。
したがって、環境、価値観、心の持ち方が変われば、TPIの結果も変わります。

 

自分を知るための、科学的、客観的なデータとしてご活用ください

あなたが知らず知らず、無意識で行っている行動・・・
例えば、ストレス耐性の強弱、真面目さ、周りに対する不満、自信の強さ、行動力、妄想度、自己開示力、信念の強弱、リーダーシップ力、など13項目にわたって確認することができます。 ストレスチェックにも活用できます。
さらに、その行動の根拠を捉えるヒントとして、「自己実現のしかた」、「対人対応のしかた」の2つの尺度をグラフ化しています。

「自己実現のしかた」は、どのようなコミュニケーション方法をとりながら自己実現をしていくのか? あなたの中にある、支配型、主催型、支援型、分析型がどういう割合になっていて、どのようなときにやる気がでるのかがわかります。

「対人対応のしかた」は、その人の行動の背景にある現在の心の5つの機能がどのようなバランスで自分の中にあるのかをを知ることができます。

昨日の自分よりほんの少し優秀になるために、TPI心理テストをご活用ください。

 

TPI総合研究所 代表 淺田尚弘

 

tpiem-580-2113
①:TPI心理テスト ②:対人対応のしかた ③:自己実現のしかた
※TPI-EMテスト・プロフィールをPDFファイルで見る

 

 

TPI心理テストの波形(=あなたの潜在意識の形)を現実に活かす

 

 

コラム・・・生き方のヒント/自然界の仕組み・宇宙に学ぶ

 

 

IMG_20160726_115804
My herb garden :手前からアニスヒソップ、オールドローズ、タイム、セージ、オレガノ、マリーゴールド、ラベンダー

 

TPIロゴ-EXAPIECO

2016年7月27日

このページの先頭へ