仕事ができる人・TPIでの6つの尺度の詳細、具体的な改善のヒント

TPI心理テスト及び多くのカウンセリングを通じて、自他共に優秀だと認められている方たちの7つの共通点を、テスト結果の波形と合わせながら分析してみました。

ここでは、TPI心理テストにおける仕事ができる人=(自分も優秀だと思っている人 + 周りからも優秀に見える人)のTPIでの6つの尺度の詳細、具体的な改善のヒントをお伝えいたします。

自分で自分のことを優秀と意識していても、周りが優秀だと思っているかどうかは違います。
それでも一人でも多くの人が、優秀というあいまいな定義の壁を破って、自他共に認められるために参考にしていただければ幸いです。

「優秀な社員・仕事ができる人に見られる7つの特徴」をまだご覧になられていない方はまずこちらからどうぞ≫

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ