<初級編>簡単?!TPI-EMテスト自己診断法

TPI-EMテスト・プロフィール(診断結果)には、それぞれエゴグラム、コミュニケーション・スタイル、TPI心理テストなどの尺度がグラフ化されています。

プロフィールをご覧いただくだけで、直観的に理解できるように、プロフィールの中で簡潔に、各グラフや各尺度の意味、そして読み解き方の解説をしています。

本来、TPI心理テストの根拠・補助尺度として、エゴグラム等の各尺度をご用意していますが、<初級編>では、エゴグラムのパターン解説を中心にして、このテストのプロフィールを自己診断することをおススメしております。

TPI-EMテストの診断結果を、ご自分で「読む」「イメージする」のは、簡単なことではないと思いますが、興味がありましたらぜひトライしてください。

この投稿の続きを読む »

タグ

2017年6月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:TPI心理テストの波形を現実に活かす

優秀な社員・仕事ができる人に見られる7つの特徴

2017.6.16更新

こんにちは、TPI総合研究所の淺田尚弘です。

どんな人も職場で働いている限り、優秀になりたいと思っている人は多いと思います。
私もその一人です。
ただし、本当に優秀な社員となって会社に貢献したいと思っているのか、それとも、周りからあいつは優秀だと思われたり、認められようとしたいのかについては違います。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ