メイン画像 width=

TPI-EMテストのカウンセリング業務・人事制度等への導入について

TPI心理テストを、カウンセリングを効率的に行うためのツール、自社サービス(就活・婚活などのマッチングサイト、メンタルサポート運営会社他)、人材育成の補助ツールなどのサービスにご活用されたいとのお問合せがありますので、以下、当研究所の考え方をお伝えしております。

どのサービスにおいても、また社内の人事制度の一環としても、TPI心理テストは、多少なりとも貢献できるツールであると思っておりますし、趣旨にご賛同いただけるのであれば、共に成長・発展し、研究と実践を行い、さまざまな情報交換を行えるパートナーとしての関係を築いていきたいと考えております。

 

TPIEM-580-201702633 
①:TPI心理テスト ②:対人対応のしかた(エゴグラム)
③:自己実現のしかた ④:抑うつ気分の度合(2017年度新追加)
※TPI-EMテスト・プロフィールをPDFファイルで見る

 

例えば、
・個人カウンセラーの方で、カウンセリングを効果的に行うツールとしてのご活用
・メンタルサポート系の運営会社
・コーチング、NLPなどの養成コース運営
・人事制度や人材育成の補助ツール
・社内メンタルケア、心の健康診断  など

以上のような業務であれば、エゴグラム、4つのコミュニケーション、TPI心理テストの3つのデータで、総合的に判断することができます。

 

また、 婚活などのマッチングサイトであれば、

対人対応のしかた(エゴグラム)、自己実現のしかた(4つのコミュニケーション)の2つの尺度を、サービス利用者双方に公開するだけでも、相手が、潜在的に厳しい人なのか、やさしい人なのか、自由な心をもっているのか、慣習には必ずこだわるような人なのか、などの基準の目安がわかりますので、ミスマッチ率が減るのではないかと思われます。

 

他にも、ご活用方法の可能性は多岐にわたり、多様性を秘めています。

当研究所の理念は、「宇宙と調和した生き方」です。
また、自分たちの非力さを承知した上で、「人間とは何か、何のために生まれてきたのか?」「あらゆる生命・存在物の中での人間の役割とは何なのか?」をテーマにして研究・追究しております。
その想いに共感なさっていただく企業さま、個人さまであれば特に歓迎させていただきます。

ご興味をお持ちいただけましたら、まずは、ご担当者様がご自分で、TPI心理テスト及び解析アドバイスを必ず受講してご体験ください。

そうしていただかないといくらお話しをしても、情報や受講時の感覚などが共有できません。
その後、それでもご利用の意志が変わらない場合、違和感を感じられなかった場合には、お問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

TPI総合研究所


2016年11月12日

このページの先頭へ