家族・組織が瓦解する真の原因・必ず陥る心理ゲーム

※ここでは組織について語っていますが、
組織を家庭に、経営者・管理者等を親というように置き換えても結構です。
メカニズムは同じことです。

 

そもそも家族・組織が瓦解するというのは、どういう状態のときなのでしょうか?

例えば、こういう言葉が社内から出始めると危ないと言っていいでしょう。

「いや~組織がぐちゃぐちゃです!」

「あいつら本当にダメや!」

「ほんと、この会社って最低!」

「なんであんな人が○○な地位にいるのか全くわからない!」

 

ストレートにお伝えいたしますと・・・
経営者、管理者、一般社員がお互いに、不平不満、愚痴、文句、悪口などを
「影で言い合う」 ことでネガティブなエネルギーが社風に充満している状態です。

現実的にはいろんな現象がでています。

部署間としての横の連携がうまくいっていなかったり、
経営者が鬼の経営をする、コロコロ意見が変わる人間性・・・

こういう状態になると、モチベーション=やる気は下がります。

こんな状態の中で、さらに上司から成果を出せとか言われると、さらにモチベーションが下がり、
経営者・上司側でも、イライラ・不満がつのり、部下の悪口や文句を陰で言うようになります。

 

少しいいすぎでしょうか?

はっきりいいまして、程度・レベルの差こそあれ、
どの企業組織もこのような要素や火種はを大なり小なり持っているのです。

逆に、このような要素や火種を無くしてしまおうと考えるのではなく、
最小限にしていく仕組みをつくるという発想が必要です。

 

ところで、何が原因だと思いますか?

心理ゲームという言葉はご存知だと思います。
微妙にその定義には違いがありますが、だいたい以下のようなことだと思います。

ある人の言ったことが次の人に伝わり、さらにそれが大きな誤解を呼び、
気がついたときには社内が異様な雰囲気に包まれて、
お互いが攻撃し合うような関係になっていくゲーム・・・

です。

そもそもこのゲームの背景に何があるかといいますと「怒り」です

自分が何かしらの怒りを受ける。
受けた怒りを解消するために誰かに悪口・文句を吐き捨てる。
自分にとっての弱者に八つ当たりをする。
他の人間関係がうまくいかなくなるように情報を流す。

このように、あまり人として好ましくないことを「無意識」にやっているわけです。

 

この無意識にというところがミソです。
なにせ自覚がないので、たちが悪いわけです。

そして、この怒りはグルグル回ってやがて自分に帰ってきます。
仏教では因果応報とか呼ばれていますが、
自分の出したエネルギーは最終的に自分で受け取ることになります。

「与えるものは、受け取るもの」という言葉がありますが、良い意味だけでないということです。

例えば、社長がある管理者を叱る。
そして管理者が中間管理職を叱り、そのまた部下から部下へ怒りが伝承されていきます。

その怒りがお客様に向いてしまうと、この会社のサービスの質は何だということになって
二度と買わなくなったり悪評が流れたり、結局、経営トップである社長に戻ってしまうということです。

 

さらには、怒りは家庭にも向いています。

弱者である奥さん(そうではない場合もありますが)や子供に対して無意識に当たります。

よく奥さんが子供にすごく怒っているケース・・・
そのほとんどのケースがご主人への怒りを本人に伝えずに
子供に向けている場合が多くなっていますので殿方は注意が必要です。

これも無意識の行動です。

問題を問題として自覚できたとき、80%は解決できたも同然です。
それくらい自覚することが大変なのですね。

 

そして、まだまだあります。

社内で怒りがウィルスのように伝染し充満してしまい、どうにもならない状況になった環境になると、
優秀な人たちはたいてい辞めてしまうことが多いですが、それでも生き残る人たちがいます。

どういう人たちかといいますと・・・
さらに怒りを表面にだして解消できるクセが強い人であったり、
何も言わないで怒りを体内にグッと抱え込んでしまい体を壊してしまう人たちです。

社長のストレスやフラストレーションは伝染していきますので、
今、お持ちの経営手腕に加えて、感情のコントロールやコミュニケーションスキルなどは
学んでおく必要は今後必須です。

 

組織を瓦解するもう一つの原因・・・それはコミュニケーション能力です。

例えば、今の社会ではパソコンや携帯が発達してきました。
その結果、メールでのコミュニケーションが一般化してきました。

このメールはすごく便利がいい。
何せいつでもどこでも連絡ができるからです。
相手の顔を見ずにすむものだから言いやすいことも挙げられるし、
じっくり考えてから送ることもできます。

ただ、自分の伝えたいニュアンスがそのまま伝わる度合いはとても低くなります。

なぜなら人は、「言葉」で伝わるのは全体の7%でしかなく、
残りの90%以上は相手の雰囲気や態度から感じとっているからです。

何を伝えたのではなく、どのように伝えたかが非常に大切なのです。

このように現在では、「自分が伝えたいこと」と「相手の受け取ったこと」の
ズレが非常に大きくなりやすいのです。

そんな中で、本人のいないところで推測をしてしまうことが往々にしてあるわけです。

そして話が事実と違った方向へと拡大していきます。

これらの問題を解決するには組織ぐるみの工夫が必要です。

 

組織には必ずズレが生じて怒りの心理ゲームが必ず起きるものだという認識を、
社長はもちろんのこと社員全員が持てるルールを確立することです。

まず、ズレがないように5W1Hで確認しあうこと。

次に、もし怒りが発生したらその相手に対して直接伝えることです。

本人の前では何もない顔をしていないところで不平不満、
悪口をいうのが一般的ですが、そうではなく本人に伝えます。

できれば大人としての言葉に置き換えて本当の気持ちを伝えられるようになると
お互いにWin-Winになることができます。

 

具体的にはこうです↓

  1. 今の現状を事実に基づき伝える。
  2. 自分の気持ちをIメッセージ(「私は」を主語にして)で自分の責任で伝える。
    ※1 「お前は・・・だ!」というよくある伝え方は、相手の責任にしたyouメッセージです。
    ※2 例:私は苦しいです。 私は辛いです。
  3. 自分のして欲しい要望をきちんと伝える。
    ※どういう結果になれば自分が満足するのかを把握する必要があります。
  4. 相手の答え・意見を聴く

この順番どおりに伝えるようにすると良いでしょう。

 

中小企業の組織では、社長一人の力で98%が決まります。
組織にでている良い面・悪い面のすべては経営者自身の鏡そのものです。
ですから経営者自身が変わる姿勢がないと組織はよくなりません。

コミュニケーションというとよく血液に例えられます。
血液は本来、全身の隅々まで酸素や栄養分を運ぶ役割があります。

ストレスの80%は人間関係だといわれます。
そして会社と家庭は連動しています!

組織にとっての酸素や栄養分を運ぶことができる社内コミュニケーションと仕組みをぜひ行ってください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:生き方のヒント/人生における真の成功

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ