目に見えない世界での勝利者とは?

私の仕事では、組織創りに加えて、マーケティングから社員のコーチングまで行う場合があります。

いろいろ見ていきますと、経営戦略と組織や人材育成は、
意識の上ではまったくの別物となっている場合がほとんどです。

小さな会社・中小企業もまずは売り上げありきです。

ある程度ビジネスモデルができあがっている企業になって、
はじめて人材育成に目が行くようになります。

 

目がいくようになるのは、それなりの問題が発生するようになるから・・・ではなく、
今まで後回しにしていた問題に 漸く手を回せる環境になったということです。

その問題の本質を紐解くと多くは、人間関係が中心です。

もう少し正確にお伝えしますと、
「人間関係と業務が密接に絡む面倒な問題」が起きているのです。

みなさんの職場でもそういう部分はあるでしょう?

大きな問題だと言葉にできますが、
小さいことだとなかなか言葉にするのをためらって自分の中に溜めてしまいます。

 

経営者の方とセッションを進めていく中で、私がよく感謝されることがあります。

それは、今抱えている経営者の悩みを紐解いたときです。

今悩んでいるその現状は、どういった背景によるもので
どういう考え方のクセや価値観がトリガーとなって
どのような学びをする必要があって引き起こされているのか、
そして何をどのようにコントロールすれば改善する可能性があるのか・・・

このようなことを客観的に一つの仮説としてお伝えできたときです。

問題が改善されていく場合、どうも共通した「その時」があるようです。
それは・・・

・すべて自分の責任で起きたこと
・すべて自分が問題を引き寄せていること
・自分が先に変わることで改善する決意をもったとき

教科書的ですが、どうもこんな感じです。

目の前にある課題・問題を学びきって、感謝できるようになると最高にかっこいいですね。
何よりその「姿勢」に回りが共鳴するようになっていきます。
逆に、学びきっていないと同じ問題が違う姿で何回も襲ってきます。

 

私たちが住む目に見える三次元世界での勝利者は、ナンバーワンになることでしょう。
市場もスポーツもそうです。

またはトップクラスになって、物や人をコントロールする立場に
なることとされているような気がしてなりません。

ところが・・・
目に見えない四次元的世界での勝利者とはいったい何だと思いますか?

 

いろんな人にこのような質問をしてみました。

「あなたが死ぬとき、どのような最高の状態で死にたいですか?」

するとほとんどの方がこう答えてくれました。

「感謝されて死にたい!」

 

目に見えない四次元的世界での勝利者とは、あくまでも私の仮説ですが・・・
その問題・課題を自分の責任として受け止め
そこから学びきって、感謝できるようになることではないかと考えています。

感謝できるようになるためには、ものの見方を変えたり、自分自身の状態管理が必要です。

そういうときNLP心理学やコーチング的なスキルなど知っておくと便利ですし
業務に仕組みとして組み込んで良い組織をつくる必要があると思います。

 

今のご時世は、人に対する過剰なサービス、大量生産と大量廃棄による環境破壊・・・
そこには「人間だけ」という意識で埋め尽くされています。

だからこそ、国家も企業も個人も、自然の理=仕組みというものを原理・原則とした
正しい理念によって行動していくことが必要なのだと考えています。

愛、調和、信頼関係、意識、感情、信念、心、魂、直感など
目に見えないものに対してきちんと定義を決めて、人生に活用できる世の中であってほしいですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:生き方のヒント/人生における真の成功

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ