潜在意識の形、波形ノムコウにある世界!

●家族(配偶者・子供・両親)の本質的な関係を形にする!

●社会的関わり(上司・部下など)を形にする!

●経営者から会社の社風を形にする!

なぜなら、家族も会社も組織としての本質は、同じ相似形だから!

 

TPI心理テストを受けることで、
潜在意識の状態を13項目の波形を通じて正確に解析することができます。

もちろんテスト受けた被験者の現在の状態ですが、潜在意識の状態から、
被験者に関わる人たちとの関係性を紐解くことができる可能性を持っています。

 

その重要な理由の一つとして、両親との関係が挙げられます。

例えば、あなた自身の現在の行動基準となるものは信念・価値観です。

信念・価値観というのは、「美人は冷たい」、「政治家は腹黒い」、「社長は金持ちだ」・・・・
などという過去の経験から導き出されたレッテルや自分ルールです。

信念・価値観ですが・・・そのほとんどは知らず知らずに
自分のご両親、幼少期の育ての親から一番影響を受けています。

 

電波などの波長には法則があります。
波は増幅し合う、相殺し合う、すれ違う、強い波長は弱い波長に影響される、などです。

人間も固有の振動体ですから、大人の強いエネルギーは、
まだか弱い子供のエネルギーに干渉し、さまざまな影響を与えます。

そして、子供は両親の言葉、態度、雰囲気から考え方や思想まで多大な影響を
無意識的に受け取って信念・価値観を作ります。

言葉として価値観を子供に伝えなくても、
コミュニケーションの93%は、その人の雰囲気・声のトーンなどで相手に伝わる、
という 「メラビアンの法則」 が示しているとおりです。

あるNPO団体の統計によりますと、ガンは遺伝ではなく、家族習慣病とも言われています。

一理あるとはこういうことなのです。

そういう理由から、被験者の波形だけでなく、ご両親、配偶者、子供の状態を波形にすることで
本質的な関係を紐解くことがある程度可能になってきます。

その被験者が行っている行動・コミュニケーションの本質は、
家族に対しても、会社の上司や部下に対して、友人に対してもまったく同じ現れ方をします。

なぜならば、あなたの行動を行うためのプロセスつまりクセは、すべて同じだからです。
以下の図を参照にしてください。

 


~「能力開発と心理テスト」 発行:人材開発情報センター参照~

 

以上のことを前提にすれば、被験者の波形から、
行動のクセの基である信念・価値観の共通した部分を紐解くことができる可能性があります。

このようなことも心理学では言われています。
子供は、両親を仲良くするために、無意識に良い子か悪い子になってサポートをしている・・

 

話は少しずれるかもしれませんが、「世界最大の組織は何ですか?」と質問されたら、
「地球人類」だと答えるでしょう。

また、世界最小の組織は何ですかと質問されたら、「家庭」だと答えます。

さらに付け加えてこんな回答を行うはずです。

世界最大の組織は地球人類、世界最小の組織は家庭・・・・
そして、その間の、会社、自治体、県、国などの組織も本質的には相似形だと、答えます。

では組織の本質的なものとは? それは、家族の営みに凝縮されます。

 

子育てをイメージしてください。

生まれてすぐに赤ちゃんを抱いてくれるのは母親です。
大切に抱きしめられ、母乳を飲ませ、そして、愛情がたくさん注がれます。

赤ちゃんや子供にとって最も必要なものは、ルールよりも安心して暮らすことのできる環境、
何かあっても必ず守ってくれる存在。
最初に必要なものは、無条件の愛、母性的なものです。

そして子供が大きくなるにしたがって、
人や社会と関わっていくために必要なルールを教えていくのではないでしょうか?

以前は家訓というものがあって、地震・雷・火事・親父など
頑固オヤジがルールの要になっていたものでした。

今は、フレンドリーな親子が増えている時代です。

長所もあれば、短所もあります。
フレンドリーな親子でもちゃんと、家庭の中でルールや方針みたいなものがあればいいのですが、
そこもあいまいにしてしまうと、大変なことになっているような気がしています。

母性が土台にあった上で、次に必要なものは、ルールや秩序などの父性的なものです。

 

でも不思議ではありませんか?

 

とても仲の良い家族に見えているのに、実際はそうではなかったり、
逆に、いつも怒鳴ったりする親でも子供がすくすく育ったり、
いろいろと言葉では説明がつかないこともあると思いませんか?

この違いを言語化すると、
夫婦間の信頼関係と子供に対するスポンサーシップが本物であるかどうかです。

このように、組織の本質は、家族の営みにそのヒントが隠されてあります。

安心・安全な環境である母性的なものと
、強い意志が作用している秩序・ルールなどの父性的なものなのです。

 

世界最大の組織は地球人類、世界最小の組織は家庭・・・・
そして、その間の、会社、自治体、県、国などの組織も本質的には相似形。

すべての組織が相似形でアナログのように密接に関連しているのならば、
私たち自身バランスをとり、まず調和のとれた家庭を築いていくと、
関わる回りの人から幸せを感じていけるはずです。

 

 

自分の波形はどうなっているのだろう? そう感じられたらぜひお試しください↓

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ